15:31

 

 

 

こんにちは

 

気が付けばもう2月です。早いものです。

今月で職場を退職して有休使いまくりなので、働くのももう数日です。

嬉しさもあり寂しさもあり不安もありますね。

 

やりたいことがあるが為に辞めるのですが、それが必ずしも出来るわけではないので、できなかったらどうしたらいいか…不安です。

でもまあ全力を尽くしてやり切りたいです。

 

 

 

 

 

 

最近韓国にハマっている私ですが、邦楽ロックと呼ばれる音楽も大好きなのです。

 

例えば、RADWIMPSクリープハイプMy Hair is Bad星野源、とか。

 

韓国の音楽ばかり聴きすぎて物足りなさを感じてきたとき、久しぶりにその邦楽ロックを聴いたら改めて良さを感じました。

 

 

 

取り上げるとしたら、邦楽ロックにハマった原点でもある RADWIMPS

 

RADWIMPSが好きになった動機はとても不純で、当時好きだったAKB48峯岸みなみちゃんが好きだと言っていて、じゃあ私も好きになりたいと思ったところからです。

完全にアホ丸出しですが、その不純な気持ちから始まり今も好きでいるわけですから凄いものです(笑)

 

 

 

そのRADWIMPSというバンドの野田洋次郎という人間がなんとも言えないのですが、とにかく素晴らしい人間なのです。

 

曲を聴いていると、言葉の表現がたっくさんある日本語を使う日本人に産まれてきてくれて良かったなとつくづく思う。

そして洋次郎の世界の見え方、在り方を表現しようと思った心と音楽と、洋次郎の元に集まって一緒に表現しようと思ったメンバー3人が居てくれて良かったなと。

 

なんだこれ、めちゃめちゃ重いな。

女がこれ書いてると思うともっと重いな(笑)

 

まあでも私はそう思ってるんですよ。

 

 

 

突然こんなこと書こうと思ったのは、先日のMステで「海外の方が好きな日本のアーティスト」でRADが1位だったのが心底嬉しかったから。

 

ああ、遂にこのときが来たのかと。

どんなときと言われたらちょっと自分でもよく分からないのだけど、中学生のときにRADWIMPSというバンドの音楽に初めて触れたとき、私の身体中でまるでビックバンが起きたかのような、そんな感覚になった人達がもっと増えたのかなと思うと、とても嬉しい。

 

もっともっともっとRADWIMPSというバンドが知られてほしい。

言葉の素晴らしさ、生きることの素晴らしさ、人を愛するという素晴らしさ、その全てをこのバンドで知ることが出来る気がする。

 

「生きたい」と音楽を聴いて思う日が来るとは思わなかったし、そう思わせてくれた彼らに心の底から感謝をしたい。

 

 

 

 

 

 

あと、そのMステに出てた源さんが「ドラえもん」の曲について話してたとき、キャラクターのことだけでなく、作者のことやその他諸々調べて作った、とても愛のこもった曲なんだと知り、改めて源さんの曲の作り方が好きになった。

 

源さんに国民的アニメ ドラえもん の主題歌を依頼した方も素晴らしいなと思う(笑)

 

 

 

 

 

 

書きたいことが100%書けなくて悔しいですが、ここら辺で。

 

次は韓国のことをデレデレと書きたいと思う。

 

 

 

広告を非表示にする